薄毛や抜け毛が気になってきたときに使うべきアイテムとは

人によって違う

薄毛や抜け毛の問題はどうして発生してしまうのか、男女ともにいえる原因は老化現象ですが男性の場合はホルモンバランスの崩れによる影響が最も大きいのです。男性の老化現象は35~45歳程度から始まります。それによってホルモンバランスが変化すると男性ホルモンの影響が大きくなります。男性ホルモンには脱毛作用が存在しており、これの影響で薄毛や抜け毛になってしまうのです。
男性ホルモンの影響が大きく出てくるのが頭頂部とおでこ側であることから、男性の薄毛や抜け毛はそこから始まることが多いのです。側頭部や後頭部には男性ホルモンの影響があまり出てこないために薄毛にはなり辛いのです。
男性が薄毛の症状を改善しようと思えば、男性ホルモンの影響を活発にしない方法が必要になります。男性ホルモンは食生活の改善や運動によって抑えることができるようになります。つまりは健康的な生活を意識してするようになると、薄毛の問題は改善されるようになる可能性があるということです。

しかし、ホルモンバランスが変動するのに加え、老化現象によって毛穴や髪の毛を生やす根源である毛母細胞も弱ってしまいます。毛母細胞が弱ると髪の毛が生えてくるバランスであるヘアサイクルが変化してしまいます。
人間の髪の毛はある一定のバランスの中で成り立っており、それをヘアサイクルといいます。毛母細胞から成長した髪の毛はある程度の長さまでいけばストップするようになっています。これは女性ホルモンの影響が大きいために男性は女性よりも髪の毛が伸び辛いのです。一定の長さまで成長した髪の毛はそのまま休止期へと入ります。その間毛母細胞から根本が切り離され、抜けはしないけれども成長もしないという期間に入ります。
切り離された部分の下からは新しい髪の毛が生えてきていますから、新たな髪の毛が下から古い髪の毛を押し出すことで生え変わります。自然に髪が抜けるというのはこれによる影響なのです。
年齢やホルモンの影響でヘアサイクルが乱れれば、まず髪の毛が抜けるまでの時間が早くなってしまいます。更には髪の毛が早く抜けるようになると今度は1本1本が細く弱くなってしまいます。
そうして髪は成長しなくなり、1本も弱くなり薄毛になってしまうわけなのです。当然ですが抜けるスピードも上がってしまうために抜け毛も増加しますが、生えるという機能は衰えてしまっていますから髪は生えなくなります。
最近では育毛剤などを利用することで毛母細胞を元気にしたり、髪の毛を強くしたりすることができる商品も登場しています。ですから、これらの薬を利用して髪を調整することも有効です。
しかし、根本的な原因はホルモンと老化現象ですから、老化に負けないような健康な生活とホルモンバランスの調整が必要なのです。